【吉村織物】特選西陣織袋帯~ぬれぬき~「亜刺比亜華文」≪優しく浮かぶモダンな華模様…幅広く活躍!≫

【吉村織物】特選西陣織袋帯~ぬれぬき~「亜刺比亜華文」≪優しく浮かぶモダンな華模様…幅広く活躍!≫

logo

【吉村織物】特選西陣織袋帯~ぬれぬき~「亜刺比亜華文」≪優しく浮かぶモダンな華模様…幅広く活躍!≫

【吉村織物】特選西陣織袋帯~ぬれぬき~「亜刺比亜華文」≪優しく浮かぶモダンな華模様…幅広く活躍!≫。


絹100%(金属糸風繊維除く) 長さ4.35m(お仕立て上がり時)
西陣織工業組合証紙No.286 吉村織物謹製
耳の縫製:かがり縫い ※おすすめ帯芯:綿芯 ◇六通柄
最適な着用時期 10月~5月(袷の季節に)

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません。

◆着用シーン 観劇、コンサート、お食事会、カジュアルなパーティーなど。

◆あわせる着物 洒落ものの訪問着、付下げ、色無地、小紋


西陣の帯問屋さんの間で通称「吉織(よしおり)」と呼ばれる
老舗機屋「吉村織物」。
玄人好みであり良い品を造る帯屋さんとして有名です。

吉村織物さんは、
近年西陣でも、自社で織らない出機(でばた)形式になっていくなか、
しっかりと自社工場を持ち、内機(うちばた)で織り手さんと
コミュニケーションをとりながらこだわりの創作を続けておられます。

その「吉村織物」さんより、味わいある意匠がぬれぬきの技法を用いて織り出された、素敵な袋帯をご紹介致します。
どうぞご覧下さいませ!


今回ご紹介する袋帯は、緯糸(よこいと)を水にひたしながら織り上げてゆく「ぬれぬき」の技法を使ったもの(夏物の高級品によくつかわれる技法です)で、唐絹のような、しっとり、かつ軽やかな独特の地風が完成されます。

お色目は穏やかな桑茶色を基調として。
地紋と合わせて、統一感のある色使いの「亜刺比亜華文」を織りなしました。
ごく僅かな金糸使いと、確かな格に上質が感じられる面持ち。

なんとも洗練された意匠センス、色彩センスは、見るものをハッとさせる魅力に満ちています。

その軽やかな締め心地はどのような方にも自信をもっておすすめできるものです。

カジュアル訪問着、色無地、付下げ、小紋、そして本結城や大島など格のある織りのお着物まで、幅広いコーディネートでお楽しみ下さい。
お茶席などにもこの上なくぴったりのひと品です。

どうぞお見逃しないよう、存分にご活用下さいませ!
袋帯のお仕立て
(綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て) (帯芯持込)
撥水加工をご要望の場合
(パールトーン加工 袋帯)
(ガード加工 袋帯)


[A2G122833W]-[TP:浅野]-[PS:浅野]-[CH:田中郷]-[文責:吉岡]-[0110017]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
。 『ジャパニーズ インベスター』は1・4・7・10月の各月25日前後に発行しております。 ご希望の方には定期発送(本体・送料とも無料)をいたしておりますので、この機会にぜひお申し込みください。 定期購読者の皆さまには本日メール便にて発送いたしますので、7月末または8月初旬にはお手元に届きます。

【吉村織物】特選西陣織袋帯~ぬれぬき~「亜刺比亜華文」≪優しく浮かぶモダンな華模様…幅広く活躍!≫ 【吉村織物】特選西陣織袋帯~ぬれぬき~「亜刺比亜華文」≪優しく浮かぶモダンな華模様…幅広く活躍!≫